文フリ京都出店! 1月22日(日)京都市勧業館みやこめっせ

2017-02-11


第1回文学フリマ京都が1月22日(日)11:00〜16:00、京都市勧業館みやこめっせ地下第一展示場で開催されました。

寒さも厳しい時期、しかも冷え込む京都という場所でしたが、自宅から車を走らせ開始時刻の2時間前に会場へ到着。

いざ開催されると、会場は熱気と活気であふれんばかりの空間へ!




前回のブログで紹介した新作、「本のウラ側、語ります〜取次とはなにか」の売上が好調。

委託販売品も今回は豪華ラインナップでした。「HAB本と流通」「HAB新潟」、そして「これからの本屋」。ボクがいた取次会社の後輩が退職後発行した書店ガイド&ルポ。それから急遽依頼された東京の書店・双子のライオン堂様発行の文芸誌、「草獅子」。こちらもまずまずの売上。

文学フリマは大阪の会場に二度出店していますが、今回の会場の京都と大阪、微妙な違いを感じました。まず、大阪の会場の堺市中百舌鳥の堺市産業振興センターというとことは、住宅地なので会場以外の特定施設がなく、文フリ目当ての来客がほとんどという感じがします。年齢層も若い人が多数。京都は岡崎公園・平安神宮のそばということで、観光のついでやファミリー層、高齢者を多数見かけました。

京都では併設イベントもいくつかあったので、集客面においてそちらとの相乗効果があったかと思います。


今回は時間が経つのを忘れるほどのバタバタで、接客が充実していた一日だったのかもしれません。

即売会出展は単なる宣伝やデモ販売ではなく、イベントの雰囲気を楽しむことと、人とのふれあいに喜びを感じることに意義があるのかもしれません。

文化というのは、個人が楽しみ、周りを楽しませるのが本質ではないのでしょうか? イベントに出展したとき、一日を振り返っていつもそれを感じています。







コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから