2013年3月のブログより DTP・印刷に関するあれこれ‥‥。

2014-05-20

《2013年3月のブログより転載分です》

出版事業に欠かせないのが、「印刷」というお仕事です。

「紙メディアが衰退して、ITの時代が到来している」と叫ばれて久しい状況ですが、
まだまだ印刷物は日常生活において重要なポジションを占めているといえます。
DTP(デスクトップ・パブリッシング、PCで印刷物の版下を作ったりする一連の工程)の時代に入ってもう20年近くなりますが、当時そのバイブル的な雑誌「DTP World」というのが存在していました。
カラー図解が主流で、内容もポップな感じで楽しめる雑誌でした。近所の書店にも在庫してあったくらいだ。
その版元(発行している出版社)、「ワークス・コーポレーション」から現在発行されている書籍がこれです。

20130321_168118
                      「DTP&印刷スーパーしくみ時点2013」3800円。

こちらは年度版モノで、印刷機やDTPソフトの紹介、そして電子書籍なども詳細に解説しています。
もちろん、カラー図解です。
20130321_168117
                          「印刷メディアディレクション」3500円。

印刷に関するワークフロー、デザインや企画・編集作業などについてもこと細かく解説しています。

‥‥ワークスコーポレーションは他にCGの雑誌なども発行していますが、初心者に対してもカラー図解で分かりやすい内容のものが多いので、僕にとってなかなかの好意を寄せる出版社といえますね~。


コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから