2009年9月のブログより 【アジア書店事情『上海書城』】

2014-09-29
上海在住中国人からのレポートです。
20100315_949337

20100315_949338

上海书城
上海书城位于福州路465号文化街,占地3713平方米,总建筑面积39830平方米,地面楼高27层,其中1~7层用于图书零售,七层为会展中心,八层以上为智能办公楼。地下2层设有停车库。
书城总营业面积超过1万平方米,是上海有史以来第一家超大型的零售书店。书城经营全国800多家出版社的各类图书、音像制品和电子出版物,品种达15万种之多。其中一楼经营生活休闲类和专题图书,二楼经营中外文学类图书、音像制品,三楼为文教类图书和少儿天地,四楼为社会科学类图书,五楼为科学技术类图书,六楼为艺术图书和港台版及外文原版精品。
   上海书城在全国书店系统中首创无库房管理模式。全部货源都依靠新华书店上海发行所集中配送,按照专业分工原则,实现高效运作。为了支撑这套运作系统,书城投资了1000万元,开发并配置了先进的计算机网络管理系统。该系统由门市POS系统、图书配送系统、服务台管理系统、总经理查询系统、业务管理系统、财务帐务管理系统、网上书店和读者导购系统八大板块组成,
最高日销售额和最高读者日流量分别达到85万元和3万人次。目前,上海书城平均每天销售额约保持在30万元左右,预计全年图书销售额将达到1.1~1.2亿元。
目前已开设上海书城网上书店,获得VISA国际组织认证中心签发电子证书。也可采用SSL协议能同时接受长城卡、龙卡、太平洋卡、金穗卡、牡丹卡、阳光卡和商招的一网通。


上海書城は文化街福州路465号にあります。27階建てで、1階~7階は売り場になっています。営業面積は1万平米以上であり、全国800出版社以上の様々な出版物を小売している。全種類15万点以上あるという。
書城はゼロストックで運営、すべての商品は専属物流センターに依頼しています。
書城は1000万元日本円1億6千万を投資し、POS、配送、検索、業務管理などをすべてネットワーク化している。
最高単日売り上げは85万元、およそ1400万円、単日最高来客数は3万人に上りました。平均1日売り上げは30万元、およそ500万円、年間売り上げは1.2億元、20億円に近くに推算されています。
ネットショップ(ネット本屋)も既に始まっている、クレジットカードはじめ、10種類以上のカード払いも可能になっています。

20100315_949341

顧客層はかなり若い学生たち。見渡すと7、8歳~20歳代全般と考えられます。
日本の漫画は「コナン」、「ちびまるこちゃん」、「ドラえもん」、「クレヨンしんちゃん」、「ピカチュウ」などを展示しています。

20100315_949342
20100315_949343

値段はおおよそ1冊100ページ前後フルカラー14元(約196円)ぐらい。この値段は中国の学生にとっても安くないので、みんな売場で座り込んで読んでいます。

20100315_949343

中国のコミック単行本の裏面バーコード。この写真では日本円で定価約420円。安くはないですね。
漫画はいま人気上昇中だそうです、漫画の専門学校もあります。国産(中国産)の漫画はまだ少ない。西遊記、三国誌も台湾人が書いたのものは人気。欧米の童話漫画も販売しています。種類よりも、シリーズ、数が多い。

以上、上海特派員のレポートでした。

(補足説明)
上海の随一の繁華街「南京路」から南に5分の「福州路」沿いに立地。
売場構成は
1F:旅行ガイド、実用書、ベストセラー
2F:歴史、軍事、文学(人文書)
3F:経済、ビジネス、法律、社会学、哲学(社会科学書)
4F:語学、学参、絵本(学参、児童書)
5F:自然科学、医学、電脳書
6F:AV(CD・DVD他)、その他ソフトウェア
7F:美術書、海外書籍

日本でも韓国でも台湾でもそうだが、売場面積が500坪を超える「メガストア」の出店が顕著になっている。私も2005年、2007年と二度訪れたが店内は人、人、人の雑踏状態である。2007年に訪れた時は、人ごみ状態とわずかな時間を潜り抜け中国の観光地図を購入。
さすが中国を代表する経済都市の大型書店である。ちなみに最近知ったことだが、支店は「南東店」(南京東路)、浦東のヤオハンB1Fの「東方書城店」、その他「淮海路店」、「長寧路店」なども出店されている。 その他新興勢力の「思考路書店」というチェーン店もあるそうだ。今度の上海訪問が楽しみだ。



コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから