2011年1月の記事 中国ネットビジネス・タオバオについての書籍あれこれ。

2014-11-04

 今年もまだまだ景気回復とはいかない日本経済。その一方で活況を呈する中国経済。そしてこのブログで何回か紹介した中国ネットモールの巨人「淘宝(タオバオ)」は中国ビジネス関係者の間では大きな注目を浴びています。この「タオバオ」は中国ネットショップ業界ではほぼ独占状態で、一つの地位を確立しつつあります。

 やはり日本人の一個人が「中国ビジネスをする!」といってもなかなかできないのが当たり前。しかし、「タオバオ」の存在がそれを打ち破ることに‥‥。タオバオで仕入れした商品をヤフオクで転売するのもひとつの方法であるし、日本の商品をタオバオで販売するのもベター。とにかく「JAPANESE-CHINESE」ドリームを体感できる可能性のあるが、タオバオなのであります。

 一年ほど前からベンチャー関係者から「中国にモノを売ればなんとかなる!」の声が多く、日本ではこの一年でこのタオバオに関する書籍も刊行されてきました。そのうちの何点かをご紹介いたします。



20110102_1944790                中国《タオバオ》ネット輸入・販売/ぱる出版  1500円(税別)

‥‥こちらはオークションやタオバオ代行の解説など分かりやすくした指南書。どちらかというと初心者にオススメ。



20110102_1944787                日本人が知らない中国ネットビジネス成功術/カナリア書房 1500円(税別)

‥‥この本はどちらかというと中国人の消費性向を交えた解説で、中国ネットビジネス全体の流れを掴むコツが分かりやすく解説。



20110102_1944788                   中国ネット通販成功の方法/総合法令  1500円(税別)

‥‥こちらは中国のネット事情・物流事情・決済などを体系的に記されており、綿密なデータとコストの金額まで掲載。中国ネットビジネスの教科書的存在。



20110102_1944789               50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法/講談社 1500円(税別)

‥‥こちらは中国ネットビジネスの心得や手段を中心的に書かれており、こちらも悪くない内容。



~どれも甲乙つけがたい内容の書籍ですね。本気で在宅中国貿易を考えている方なら全部購入してあらゆる角度から検証することを勧めますね!



コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから