6月, 2014年

 ~「電子書籍と詩集」。女性マルチクリエイターが電子出版しました。

2014-06-10

Willeは「紙の書籍」、「インディーズな出版」、「アジアに出版流通を」をモットーにしていますが、決して電子書籍を無視しているわけではありません。電子書籍を前面に出してないだけです。もちろん電子書籍の自費出版も承っています!

最近知り合った、京都在住で女性マルチクリエイターの中村藍子さんという方が電子書籍で詩集を発行しました。彼女は詩人・作家というだけではなく、イラストレーター、絵本作家、漫画家であり、しかも企画も行うというマルチな才能ぶりです!
この7月、私も出展する東京ビッグサイトで開催のクリエイターEXPO作家ライターゾーンで出展します。

「詩は言葉の最小単位だと思う」から始まるあとがきにはとても共感するところがあります。どんなに紙や電子などのメディアが発達しても「言葉の最小単位」たる「詩」は口頭でも子々孫々に伝承していくことが可能だ。ミュージシャンであり、詩人でもあったドアーズのジム・モリソンもそう唱えていました。

さらには「電子出版」と「詩、自伝、日記」との親和性の高さを強調しています。「個の表現活動のあとおし」と表現こそ違うものの、Willeのコンセプトと共通するものがあります。


                       詩集 水底に眠る/中村 藍子

2014-06-09 09.13.46

発行元「DoCompany出版(BoBoBooks)


中村藍子さんのクリエイターEXPO用のポートフォリオです。


第3回クリエイターEXPO東京/作家・ライターゾーン

《2014年7月2日(水)〜4日(金)》に出展します!


 ~台湾の「独立書店」ガイドブック

2014-06-09
以前ツィッターでもつぶやきましたが、2月の台北国際ブックフェアの「台湾独立書店文化協会」のブースで名刺交換したときにただでいただいた書籍の紹介です。


スキャン0016

台湾の書店といえば「誠品書店」や「金石堂書店」などの大手チェーン店が注目されがちだが、この本はセレクト書店や自費出版を扱う書店、二手書店(日本でいう古書店)などが連合した「独立書店文化協会」加盟の書店が網羅されています!ブックカフェ、アート系書籍を扱った書店、作家などを招きトークイベントを頻繁に行う書店、サブカルチャー専門の書店など日本に負けず劣らずの書店がひしめいています。台湾の若いインテリ「文青」たちが「個の文化」を大切にしているかが良くわかります。一度台湾に訪れた際はこういった書籍を片手に書店めぐりもいいかもしれませんね。


第3回クリエイターEXPO東京/作家・ライターゾーン

《2014年7月2日(水)〜4日(金)》に出展します!


 2010年7月 東京国際ブックフェア参戦。

2014-06-04
《2010年7月のブログより転載》

2009年7月に初視察した東京国際ブックフェア。日本の出版社もそうですが、世界の出版社が集まったブースに感動しました。そしてこの記事は第2弾の2010年7月参加の模様です!

‥‥もう数週間も前の話ですが、今年も東京国際ブックフェアに参加してきました。 (ここ10日間PCの調子が悪くてようやくアップできました) 本年度も引き続き、鍵本聡プロジェクト(KSP)のブースにお邪魔させていただくことに。


2010TIBF01
もう僕にとっておなじみとなりつつある東京ビッグサイトです。ここへ訪れるのも、もう慣れたものです。

2010TIBF02
今年も盛況のKSPのブース。今回は編プロの「エディット」さんご一行と「アンク」さんとの共同出展です。

20100TIBF3
                   写真中央が鍵本聡氏。今回も精力的に頑張ってます!!

2010TIBF04

2010TIBF05
上の2枚の写真は今回同時に行われていたデジタルパブリッシングフェアのブース。この相乗効果があってか、昨年度よりも数10%の来場者増だったらしいです。 ‥‥どおりで人が多く混雑していて動きにくかったですね~。この「デジタル~」の目玉はなんといっても「電子書籍」!!出版物もいよいよIT化の波を感じてきましたね。でも「電子黒板」のブースが多かったような気がしました。

2010TIBF06
韓国の「ソウル国際ブックフェア」でもお世話になったi-seum(Mirae-N)出版のブース。

2010TIBF07
で、そこのブースで共同出展している、朝日新聞出版の「かがくるブック」のイラストを担当している カン・ギョンホさん。ちゃんとイラスト付きのエコバックをいただきました。

2010TIBF08
海外在住の日本人向けというか、フリーペーパーが集まったブースです。やはり仕事柄興味をひきます。



‥‥今回は2回目なのであまり新鮮さを感じませんでしたが、そこはやはり国際ブックフェア!! 新たな発見がありますね。刺激を受けられずにはいられません。 やはり僕は出版物が好きなんだな~と再認識させられます。


お問い合わせはこちらから