11月, 2015年

 出版不況の原因は? 一体何年言うてるの?

2015-11-15

1996年のピークを境におよそ20年近く凋落している出版業界。

業界では1999年頃から「出版不況」という言葉が使われ始めた。

たしか大阪屋の専務が1998年の年末に「今までずっと右肩上がりの業界だったのが、2年連続落ち込んでいる」と言っていたのを覚えている。

他の業界のように1、2年で一気に落ち込むのではなく、徐々に落ち込んでいく感じだ。
だが、その間に町の書店さんはバンバン潰れていった。にもかかわらず危機感がとても希薄な大阪屋だった。

2000年には同業大手の日販の経営危機が叫ばれ、駸々堂という関西の老舗出版社・書店が倒産という事態までになった。

それを尻目に大阪屋は2000年秋冬頃から世間から安定企業と言われるようになる。だが、それは派手なバブルの時代に積極投資できず、いい意味地味で貧乏臭く、慎重な路線が幸いしたといえる結果だ。


出版不況の真の原因は、業界の根幹である「再販制度や委託返品制度」というのが化石のように古いということに気づいていないということだ。

1997年から市場が低下したのではない。1992~93年頃から返品過剰なのが問題視されていた、ということはすでにこの頃から出版物の供給過剰が始まっていたと見るべきだろう。
新古書店のブックオフが注目されはじめたのが1992年頃。新古書店の台頭が出版不況をもたらしたのではなく、この頃すでに書店が消費者のニーズに応えられなくなったので新古書店に流れたのが正しい見方だ。

この90年代半ばというのは携帯電話が爆発的に普及した時期でもあり、その後のネット時代に繋がれていってる。通信費という面で考えても本の購入額が冷え込むのも当たり前の話だ。


何年も「出版不況の原因は何?」という考える古い頭と、いつまでも「紙メディアが中心」で物事を見る “上から目線の思考” をやめるべきだと思いますね~。

 紙の出版物で自費出版ビジネスする可能性。←まだまだ有ります!

2015-11-15


何年も前から「自費出版でメシ食っていけるわけがない」、「自費出版ビジネスなんて旨みがない」などといわれ続けてきたが‥‥、

今のところですが、メシ食っていけてます! お仕事何本も取れてます!

こういうことをいう人に限って旧態依然としたガチガチの商業出版でやってるベテランの人だったりする。ちょっと愚痴ですが。


20代からの下の若い世代は紙メディアのマスコミは「周辺」なのだ!(まあ、マスコミという言葉も死語かも) 要は幼少の頃からゲーム機に親しみ、ネット環境が当たり前で育ったので紙メディアというのはサブ的な存在といえるかもしれないですね。

しかし、年配の方にとって紙の書籍は至上のモノといえるかもしれません。世代別に階層別に可能性を検討すればいいのです。

頭を捻ればいい企画は生み出せるし、それは必ずものになると思います!

大事なのはコンセプトとターゲットのすりあわせですね。そのためのリサーチが重要。ネットなどを元に情報収集してリアルに足を運ぶことです!

まだまだヴィレの新企画は続きます!



 まともな概念すら存在しなかった出版取次業界。

2015-11-15
通常、産業には業界別に、概念を表した教科書なるものが存在する。

およそ25年ほど前、社会人なりたての頃、出版の編集や書店の経営・実務についての書籍は結構あったりした。
でも、出版取次業界の教科書はなかった。

一応業界についての説明はあったのを覚えている。新卒社員なのに一週間ほどのテキトーな研修。そのなかで、人事部の次長が数分ほどの説明をしながら黒板に書き込みしていたのを記憶している。
一般的な商業出版のルートを「正常ルート」(要は取次ルート)と呼び、金融的な役割(商流)と物流機能を簡単に説明していた。

入社時に先輩に「会社や業界のマニュアルってないんですか?」と訊くと、「そんなもんあるかい。書店向けのマニュアルやったらあるぞ」といわれたのを覚えている。
営業部に配属されたとき、上司や先輩たちに「取引先の書店に行って、営業するって、何を商談するのですか?」と訊くと、「ルートセールスや」と言われただけで、誰も答えられなかった。
「この業界の営業ってルートセールスとは違う」と疑問に思いながら、何年も調べた答えが「リテールサポート」という名の営業スタイルだ。

業界の概念など根本的なことも人によって全然解釈が違ったりして、若輩者だった私も混乱の毎日だった。


でも今の時代、出版の裏方の取次業界にもザックリ説明された教科書があったりします。


出版流通のしくみ 001
  新・よくわかる出版流通のしくみ/発行:出版メディアパル 500円(税別)2014年4月1日発行


便利な世の中になったものです。こんな冊子が25年前にあったら仕事がどんなにスムーズにマスターできたか、って思う今日この頃です。

 新コーナー「ヴィレ代表・豊田の日々雑感・増刊」で~す♪

2015-11-13
新コーナーです。ここで日々の思いつきをアップします。

最近サイトブログもご無沙汰でしたので、ちょっとアップ。

このサイトではおカタい内容ばかりでちょっとシンドイ感もあるので、気分転換も兼ねてこのコーナーを作りました~♪


お問い合わせはこちらから