~9月22日(月)、東京の独立書店、古書の街・神田神保町など探訪。

2014-09-26

東京アートブックフェア視察後は、矢継ぎ早に池袋・新宿・中野の自費出版取扱書店などを訪問しました。


以下の写真は、新宿にある「模索舎」です。ここで「貸本マンガ史研究」というインディーズマガジンを購入しました!戦後の出版史一大ムーブメントだった「貸し本マンガ」。その謎を解く物語がこのインディーズな雑誌に記されています。



2014.9.21-22東京アートBF 030          JR新宿駅東南口から新宿御苑方面へ約10~15分のところに模索舎はあります。

2014.9.21-22東京アートBF 026
2014.9.21-22東京アートBF 025
2014.9.21-22東京アートBF 022   ディープな自費出版物、インディーズ雑誌、活字同人誌などが列挙。さすが東京って感じですね~。


引き続き、早足で中野に移動。JR中央線中野駅から北にある商店街を徒歩3~4分のところにある「中野ブロードウェイ」内にある自費出版取扱い店「タコシェ」へ。

2014.9.21-22東京アートBF 031
2014.9.21-22東京アートBF 044
2014.9.21-22東京アートBF 037 ここはいわゆる、まんだらけの聖地というわけでしょうか?設置している本もどちらかというとサブカルチャー限定。でも面白い空間です。

2014.9.21-22東京アートBF 046 今は分かりませんが、外タレが来日したときは武道館に次ぐ聖地だった「中野サンプラザ」。学生時代はバンドマンだったので、感激しています!


2014.9.21-22東京アートBF 050 7月のクリエイターEXPOの際にも宿泊した、品川区・大井町の「アワーズイン阪急」。低価格で綺麗な部屋、しかも400円で温泉に入れるというお得さ!おそらく今後東京に来たときはここが定宿になるかもしれませんね~。


2014.9.21-22東京アートBF 051

渋谷から東京メトロ半蔵門線で神田神保町へ。おそらく3回目の訪問となります。ここは神保町の中心、すずらん通りです。内山書店、東方書店など中華系出版物取扱い書店を訪問。しかしながら、下調べ不足と、滞在の時間帯が午前であったため、他に思うような書店探索ができずじまいでした。


このあとJR神田駅まで徒歩でたどり、そのまま羽田まで直行、空路で帰阪の途へ。前日の京まふの人混みと、この書店訪問で歩き回ったせいか、帰阪後は疲れがなかなかとれずじまいでしたが、有意義な探訪なのは間違いないでしたね!




コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから