カテゴリー ‘Pick up’の記事

 文フリ京都出店! 1月22日(日)京都市勧業館みやこめっせ

2017-02-11


第1回文学フリマ京都が1月22日(日)11:00〜16:00、京都市勧業館みやこめっせ地下第一展示場で開催されました。

寒さも厳しい時期、しかも冷え込む京都という場所でしたが、自宅から車を走らせ開始時刻の2時間前に会場へ到着。

いざ開催されると、会場は熱気と活気であふれんばかりの空間へ!




前回のブログで紹介した新作、「本のウラ側、語ります〜取次とはなにか」の売上が好調。

委託販売品も今回は豪華ラインナップでした。「HAB本と流通」「HAB新潟」、そして「これからの本屋」。ボクがいた取次会社の後輩が退職後発行した書店ガイド&ルポ。それから急遽依頼された東京の書店・双子のライオン堂様発行の文芸誌、「草獅子」。こちらもまずまずの売上。

文学フリマは大阪の会場に二度出店していますが、今回の会場の京都と大阪、微妙な違いを感じました。まず、大阪の会場の堺市中百舌鳥の堺市産業振興センターというとことは、住宅地なので会場以外の特定施設がなく、文フリ目当ての来客がほとんどという感じがします。年齢層も若い人が多数。京都は岡崎公園・平安神宮のそばということで、観光のついでやファミリー層、高齢者を多数見かけました。

京都では併設イベントもいくつかあったので、集客面においてそちらとの相乗効果があったかと思います。


今回は時間が経つのを忘れるほどのバタバタで、接客が充実していた一日だったのかもしれません。

即売会出展は単なる宣伝やデモ販売ではなく、イベントの雰囲気を楽しむことと、人とのふれあいに喜びを感じることに意義があるのかもしれません。

文化というのは、個人が楽しみ、周りを楽しませるのが本質ではないのでしょうか? イベントに出展したとき、一日を振り返っていつもそれを感じています。






 即売会用作品「本のウラ側、語ります〜取次とはなにか」を作成。

2017-02-10


読者からは見えない、出版流通の要・出版取次業界。その仕組みをまとめたガイドブックを作成しました。

これまで出版取次業界について語られた出版物はほとんど存在しません。取次をメインに取り上げたもので確認されたのは、84年に発行された「出版流通とシステム-「量」に挑む出版取次」(新文化通信社・発行)ほか、わずか数点ほど。しかも学術的で一般の方には難解なものばかり。

ここ10年で出版流通全体や出版不況の原因をさぐる書籍は多数発行していますが、取次に焦点を当てたものは殆どありません。

取次業界の人でさえも全体像を詳細に知る人はそれほどいないように感じます。

出版不況が叫ばれて20年近く。その原因をさぐるにしても、まずブラックボックスたる取次について知ることが重要です。取次の仕事は専門職ではなく、労働集約型でルーティンワークなワークスタイルなので、仕事内容は部署ごとに大きく異なります。だから必要性がなかったのかもしれません。

しかし新たなステップを踏むためにも、自分たちがまず何をしているのか? をはっきり認識しないと前へ進めません。


日本の出版社や書店は、卸問屋の取次会社を通し新刊配本、商品の配送、代金の支払いなどをやり取りしてきました。

日本の出版流通のパイプラインとして、重要な位置を占めていた出版取次業。これまで出版社・書店の発展は取次なしでは有りえませんでした。

この冊子を読めば、それが一体なにか? が分かるかと思います。

ということで、昨年10月と12月の講演会のレジュメをまとめ、取次業界の流れを記した冊子を即売会に向けて作成しました。

お試し販売ということで、まずは文学フリマなど即売会などで販売していく予定です。


本のウラ側


活動報告〜1月「自分史フェスティバル in浜松」

2017-02-10

Willeの自費出版アイテムのひとつ、自分史。

1月15日(日)、提携している浜松の印刷・出版業者様が主催する自分史のイベントのお手伝いへ。開催日前日はちょうど寒さもピークを迎え、街並みもうっすら雪景色でしたが、当日は晴天に恵まれた爽やかな一日となりました!



浜北駅浜松自分史フェス浜松自分史幟

前日の深夜から大阪から夜行バスに乗り込み、浜松入り。

早朝ホテルに荷物を預けて、浜松駅からローカル線の遠州鉄道で浜北駅へ、そして会場の浜北文化センターへ到着。その後は終日イベントのお手伝い、という一日。

自分史は高齢者がメイン対象のイベントですが、会場は大いに盛り上がりました。

自分史という出版の可能性を大いに感じたひとときです。書店に流通されるだけが出版ではないし、公共の場へ配られるのも出版ではない。個人、とくに高齢者の思い出などを綴る「自分史」という出版物もこれからじわじわブレイクの予感。素晴らしい一日となりました!




活動報告〜12月 KSPトークイベント「本はこうして作られ、売られる」

2017-02-10

昨年12月4日(日)、大阪・鶴橋にあるKSPコリア/理数学院で開催されたトークイベント「本はこうして作られ、売られる」、盛況のうちに幕を閉じました!

講談社など多くの出版社をはじめ、数々の著書を持つ鍵本聡さん。彼とのジョイントトークショーでした。鍵本さんが運営しているKSPコリア/理数学院。通常は理数系学習塾と韓国語教室を開いていますが、こういったトークイベントも数々開催されています。



KSP本はこうして〜CKSP本はこうして〜BBT関西全体_n
IMG_4018


以下が宣伝文、そして終了後のご挨拶となります。


理数系教育ライターとして本を執筆、そして大学講師に塾経営と活躍中の鍵本聡さん。東京のさまざまな出版社や、講談社からも著書は多数。執筆から刊行までにまつわるおもしろ話が聞けます!

そして、現在はフリーランスの自費出版企画編集者で、出版物の卸売業【出版取次会社】の元会社員の私、豊田政志。

本はいったいどうやって売られるのか?ブラックボックスの【出版流通】を語り尽くします。

本と本屋好き、自費出版やリトルプレスに興味津々の方、この機会をお見逃しなく!



今日は皆様にお集まりいただき、ありがとうございました。

非常に密度の濃いトークでみなさんの質問も多く、話がとても盛り上がりました。いい時間を過ごすことができ、参加者の皆様に感謝しております。本当にありがとうございました。




活動報告〜10月 「2016 BOOKTALK in関西」講演 

2017-02-10
BT関西写真BT関西会場


‥‥‥FacebookやTwitterですでに公開しており事後報告となりますが、アップします。


10月1日(土)、大阪市・弁天町ORC200生涯学習センターで開催された「本の周辺とウラ側を語る」出版流通のトークイベント、2016BOOKTALK in 関西。講演、盛会のうちに終了しました。

出版流通の語り部として手応えを感じた一日となりました。これからは出版の卸売業「出版取次」も、もっと世に出ることになるかもしれません。

韓国、中国・香港、そしてドイツ、アメリカの出版流通事情など語り尽くせない話はまだまだ残ったまま。続編、続々編がドンドンできれば、と思っています。

お越しいただいた皆さま、ご清聴ありがとうございました‼︎そしてスタッフの皆さま、お疲れ様でした!! 今日はホントに幸せな一日となりました。

この機会を与えてくれた出版労連大阪地協・出版ネッツ関西の方々に感謝・感謝です。


以下、主催者の出版労連大阪地協の文となります。


【2016 BOOK TALK in 関西 本と本屋の未来を考える ご報告】

出版労連大阪地協・出版ネッツ関西共催による「2016 BOOK TALK in 関西」。これは、例年開催している「関西出版技術講座」の代替企画で、テーマは「私たちの『本と本屋の未来』を考える』。

豊田政志さん(出版サービス Wille(ヴィレ)代表・出版ネッツ組合員)には「本の周辺とウラ側、語ります~元出版取次業者の出版流通ばなし」、大井達夫さん(忍書房 店主・開隆堂労組)には「売る・買う・送る 街の本屋さんの今と次代の出版」というテーマでお話していただきました。




 最近の「個人的」読書事情について

2016-11-05

‥‥「活字離れ」という言葉について。


この言葉って30年~40年ほど前の昔は本を読むということが漫画や雑誌が主流になり、文芸モノや専門書などが読まれなくなる現象のことを指していたんですね(おそらく)。

ゲーム世代が大人になり、PCによるネット時代の本格的な到来が2000年以降。そして2008年のスマホ、2010年のタブレットの登場によってますます本が読まれなくなった。

このあたりから「活字離れ」ではなく「紙離れ」と呼ばれるようになる。

ネット時代により打撃を受けていた紙の本である雑誌離れが加速していく。


よーく考えてみると、に日常生活においてネットは欠かせない。これを書いている今もPCで作業。自室を離れ外出してもスマホ、タブレットは欠かせない。電車内でも20人中18人くらいはスマホを見ている。

そりゃ読書離れは加速しますわ! 朝から晩までスマホ・タブレット・PCを使用する時間的、そして通信費の経済的状況。スマホ・タブレットの通信費とPCで使うプロバイダー料金は1万5000円くらい必要経費として使ってるのでは?


ボク自身、専門書や文芸モノの書籍を読むのは集中力と多少の根気が要る。

最近老眼になりつつあるのか、コンタクトをして紙の本を読もうとすれば焦点が定まらず、読書速度がかなり落ちている。


読書を啓蒙する動きがあるが、やはり読書というのはひとつの作業だといえる。

紙の本の「固体としての価値」、そして「情報性」と「教養性」の側面だけではなく、【読書作業】というエネルギーと時間を割くことに対してもっと検証していかないといけませんね。


 リトルプレス・自費出版がもたらすもの ~文フリ札幌視察と文フリ大阪出店。

2016-10-09

7月23日(土)、第1回文学フリマ札幌視察。


%e3%81%95%e3%81%a3%e3%81%bd%e3%82%8d%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e5%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f11-%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc


%e5%86%99%e7%9c%9f12-%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e6%9c%ad%e5%b9%8c

もう秋ですが、この夏は初めて北海道を訪問。文学フリマ札幌を視察してきました。開催場所は、なんと『さっぽろテレビ塔イベントホール』。

100ブースの出店ですが、熱気ムンムン。30分ほどで一旦会場から出て外で休憩し、また会場に入り30分ほどで外出、の繰り返し。それほど賑わっていたということです。





で、第4回文学フリマ大阪出店です(文フリでは出展ではなく出店といいます)。


%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e4%b8%ad%e7%99%be%e8%88%8c%e9%b3%a5%e9%a7%85%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e5%a0%ba%e5%a4%96%e8%a6%b3%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%85%a5%e5%8f%a3



先月9月18日(日)は第4回文学フリマ大阪に出店。今回で二度目の出店です。場所は恒例の堺市産業振興センター・イベントホール。写真は左上(南海高野線中百舌鳥駅)→右上(堺市産業振興センター外観)→左下(産業振興センター入口)の順。



%e5%86%99%e7%9c%9f13-%e7%ac%ac4%e5%9b%9e%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f14-%e7%ac%ac4%e5%9b%9e%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%85%a8%e6%99%af



こちらは340ブース出店。この日は雨模様で客足が鈍いかなあ、と思いきや。推定1500~2000人ほどの来場者で賑わいました。



%e6%96%87%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9



で、私、ヴィレのブース。即売会用名義『インディーズ出版ヴィレ』で出店しました~。


ボクは6年以上前からブログなどで、盛んに「なんで商業出版は漫画同人誌即売会などインディーズな出版を軽視するのか?」と問題提起していました。もうその答えは出ているかと思いますが、いかがでしょうか?

文学フリマとはいったい? なぜこんな現象が起きているのでしょう。

 

元々は2002年、ある漫画評論家兼編集者の方が芥川賞・直木賞を取り仕切る文壇と文芸雑誌への批判を展開。それに反論した純文学作家との論争に端を発したそうです。その中で、ひとつの回答として当時から多くの来場者で賑わっていた漫画同人誌即売会の手法を手本に立ち上げることになり、現在に至った経緯があります。

現在、ネット社会が確立しており、「コミュニティ化」「分衆化」したことによって小説や評論を書く人・作る人たちのリアルイベントが、発展・拡大傾向にあるといえます。それはTwitterなどSNSで文芸同人誌即売会の存在を知り、出店者、または一般来場者として参加する流れがあるからです。

80年代、90年代は一般社会でオタク層が日の目を見ない時代だった。コミックマーケットは90年代半ばにすでに30~40万人の来場者を動員していたにも関わらず、大手マスメディアは取り上げませんでした。ちなみにボクも90年代半ばにヴィレをミニコミで展開していましたが、この流れを無視してしまった。「なんで漫画の即売会に活字モノを売らんとあかんねん。漫画は漫画、活字は活字やろ」という具合です。

‥‥その考えは後になって反省しましたが。

というのは理由があります。2009年頃、勤務先の取次会社では物流センターの文庫部門に配属されました。そこで目にしたものが、ライトノベル。一番の売筋商品だったということです。そのため関西漫画アニメの聖地・日本橋へ足を運び、【とらのあな】【メロンブックス】などの同人誌ショップを視察します。よーく見ると一般の人が1部500円もする漫画同人誌を買うではないか。「なんで自費出版モノを買うねん」。ボクにとっては驚きでした! まあ売れるのはほとんど二次創作モノでしたが。とにかく自分の、本に対する見識の無さにひとしきり反省でした。

もうひとつは「ネット印刷・オンデマンド印刷」の普及。印刷物の価格破壊と、ネット上で気軽に入稿することでプロ以外の作り手も手間暇が省け、価格的にグーンとハードルが低くなったことが考えられます。まあ、30年以上前から格安・小部数の「同人誌印刷」がありましたが、やはり一般の人にとってはとっつきにくいものだったかもしれません。


独立系セレクト新刊・古書店や文芸同人誌即売会は【来場者・読者】がすなわち【書き手・作り手】でもあったります。そこにプロやアマチュアの垣根はない。

何度も提言していますが、「誰だって最初は低レベルなスキルで、所詮アマチュア」です。

出版に携わる人たちは何故プロを目指すフィールド、すなわち即売会などのイベントを立ち上げて草の根のシーンを育成しなかったのでしょうか? ちょっと不思議でなりません。これらの作品は全てゴミなのでしょうか? そんな上から目線が出版業界を衰退させたのかもしれません。実は出版の流通もこれに当てはまるといえます。


10年ほど前にボクが主宰していたAB研究会というサークルのブログで載せてきたことですが、出版業界は日本の高度成長後の70年代後半~90年代前半、経済が成熟化した頃の「大量生産・大量販売」のビジネスモデルを引きずり過ぎた。そして出版業界の安定神話の時代が長過ぎたため、改革に着手するのにずっと二の足を踏んでいた、といえます。

再販制度・委託販売制度を何一つ改善せず、日和見に走って流通の崩壊状態を迎えた【商業出版】、そして今の時代の文芸シーンとあまりにもかけ離れ、孤高を保つ特異な【文壇】。


気が付くのが遅すぎると思いますが、いかがでしょうか?



【尼崎文学だらけ】作品紹介② 正助走る 大塩平八郎の乱 / 中西廣全 作

2016-07-04


《創作文芸同人誌即売会【尼崎文学だらけ】出品作品紹介》その2


T最終修正助走る表紙0628

 正助走る 第一部・大塩平八郎の乱/ 中西 廣全 作 


A5判・50P  即売会価格400円


インディーズ出版Wille(ヴィレ)出品の歴史小説の改訂版が【尼崎文学だらけ】にて登場します!


江戸時代後期。大坂で自らを犠牲にしても民のために立ち上がった【大塩平八郎の乱】の物語。

彼は元大坂東町奉行与力で陽明学の学者。民のために命も投げ出す革命家だ。

この物語は大塩の弟子で実在の人物、【松田正助】の視点から綴られたものである。実際の情景が描かれており、正助の成長の過程も述べられている。


大塩平八郎の乱

1832-1833年。日本各地で深刻な食糧飢饉が起こり、1836年、大坂は餓死者が続出。

悪徳商人や悪代官は暴利を貪り、何の救済をしない。陽明学の洗心洞という塾を開いていた大塩はこのような惨状を目の当たりにし、弟子と民衆を決起させ武装蜂起する。

だが幕府に半日で鎮圧されたのであった。


【尼崎文学だらけ書籍紹介ページ】


【尼崎文学だらけ】について

●7月18日(月祝)11:00〜17:00  尼崎中小企業センター401・402会議室(入場無料)

mapあまぶん

《尼崎文学だらけ公式サイト》



【尼崎文学だらけ】作品紹介①  斎藤一、闇夜に駆けよ / 氷月あや 作

2016-06-30


《創作文芸同人誌即売会【尼崎文学だらけ】出品作品紹介》その1


書影表紙斎藤一2

斎藤一、闇夜(あんや)に駆けよ / 氷月 あや 作 (イラスト・田中へこ)


A5判・48P 即売会価格 400円


インディーズ出版Wille(ヴィレ)出品のイチオシの新作が【尼崎文学だらけ】にて登場します!


〜欺き、裏切り、闇に葬る。悩み、葛藤し、生き抜く。

新選組三番隊長、斎藤一。

剣の腕を無敵と謳われる斎藤は、表立った活躍の陰で、粛清や偵察の任務もまた課せられていた。右手の儀礼の剣で人を欺き、左手の戦闘の剣で人を殺す。

嫌いではないものを斬ること、走狗として遣われること、仲間を欺き裏切ること、何のために戦うのかがわからぬこと、己の存在価値が見出だせぬこと。

そうした全てに苦悩し、胸に葛藤を抱えながら、若き剣士、斎藤一が闇深き幕末の京都を駆け抜ける。

新選組三番隊長、斎藤一。

ストイックでミステリアスな人物像が魅力の斎藤一、その葛藤多き青春を描く短編歴史小説。


【尼崎文学だらけ書籍紹介ページ】


【尼崎文学だらけ】について

●7月18日(月祝)11:00〜17:00    尼崎中小企業センター401・402会議室(入場無料)

mapあまぶん

《尼崎文学だらけ公式サイト》



【実録】生きた証の出版へ。後世へ思いを残す 故・橋本大様(神戸市東灘区)

2016-03-14


2月、ヴィレから自費出版を幾度か出された著者様が永遠に旅立たれました。

享年78歳。


1年前に胃癌と診断を受け、余命は1年と宣告されていました。

「生きた証」として自分の作品を出版するのを思いたったとき、近くの書店で偶然ヴィレのチラシを手に取っていただいたとのことです。

およそ40年ほど前から小説を書き溜めており、原稿用紙は山のようにあるといいます。

初めてお会いしたのは、入退院の合間の橋本様の自宅訪問でしたが、癌患者とは思えないほど元気な表情を見せていました。


何度もスナックに連れてもらったり、お寿司をごちそうしていただいたりして感謝の言葉はつきません。

ボクの父と同い年で昭和30年代が全盛だったキネマ世代。この時代の映画話や、地元神戸と幼少期を過ごした高知の話は興味深く、ホントに楽しかったです。お返しにカラオケでは昭和30年~40年代の流行歌ばかり歌いました。クレージーキャッツのナンバーでは、一緒に「ハイ、それまーでよ~♪」と声を上げましたよね。

3度目の出版をしていただいたお礼として、郷里の高知県須崎市まで巡礼の旅に出たりもしました。

1995年の阪神大震災で家族を失い、親族はすでにお亡くなりになり、橋本一族は彼一人。

末期癌の震える手で必死に書いた原稿は読みづらかったが、心のこもった文章は生きた証のチカラが垣間見えます。


ヴィレから出版した著書は4作。


「まだ作品はあるから、頑張ってや」とおっしゃっていた11月、突如体調が悪化し、そのまま入院。

最後の作品の納品のために病院へお伺いしたときは、まだ病棟を歩きまわるほど元気でした。

年明けにお見舞いに行ったときは、点滴を打ちながらベッドに座った状態で「私が亡くなってもアンタに原稿とお金渡すから、私の作品作ってな」とまだまだ笑顔を見せてくれていました。

ボクが「今別件のお仕事がありますので、入稿が済み次第、お葉書出しますね」と答えると、「ウン分かった。そっちの仕事に集中しなはれ」と話したのが、最後の会話だった。


それから2月上旬に「今月台湾へ視察訪問します。お土産を渡しに伺いますので、元気でいてください。生きた証を成就しましょう」と葉書を送った。


ボクは2月下旬に台湾から帰国した後、風邪なのか体調不良が10日間ほど続いた。回復後の3月第二週に神戸の病院へ向かった。

すでに病室にはいない。橋本さんは転院されたとのこと。プライバシーの関係でどこにいったかは教えてくれなかった。


数日後、橋本様のマンションへ伺って、大家さんに尋ねる。

「橋本さんですが、実はちょっと前にお亡くなりになりましたわ。ええ人亡くして残念ですわ」

ボクは言葉を失ってしまった。もっと病院へお見舞いに行っておけばよかった。なんで連絡してくれなかったんだろう。いや、もうそれどころではなかったんだろう。


‥‥‥ホントに申し訳ありません。あの世へ旅立たれるときに顔を出せなくて。


多分生きた証どころでなかったんだ。もう十分だったのかも。

先立たれた家族に早く会いたかったんだろう。


橋本様はこの世にはいないが、あなたの作品はちゃんと残っていますよ。友人や知り合いの手に渡っていますから、ご安心ください。


サラリーマンを辞めて早三年。

自費出版の企画編集者としての礎を作ってくれてありがとう。

幸せで胸がいっぱいです。この思いはボクの残りの人生に刻み続けますから。



【ヴィレから発行された橋本大様の作品】 


八点鐘の鳴る時

八点鐘の鳴る時 A5判 ソフトカバー 70P 私家版 創作小説 2015年6月発行 



天国から来た手紙

天国から来た手紙 A5判 ソフトカバー 82P 私家版 創作小説 2015年8月発行  



キツネの嫁入り

キツネの嫁入り A5判 ソフトカバー 66P 私家版 創作小説 2015年10月発行  



風が行く時、雲は来る

風が行く時、雲は来る A5判 ソフトカバー 70P 私家版 創作小説 2015年11月発行  



« Older Entries
お問い合わせはこちらから